スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簿記は帳簿への記入方法によって

簿記は帳簿への記入方法によって、現金収支を入金はプラス、出金をマイナスとして現金の増減を記入する単式簿記と、営業活動を一定のルールに乗っ取って記入する複式簿記に分けられます。
家計簿やお小遣い帳が単式簿記にあたります。単式簿記は、簡単に残高がわかりますが、内訳を知るには不向きです。


一方、複式簿記は、どのような取引によって現金の増減がもたらされたかを記入するものです。
これにより、財産の増減と損益の増減の計算を同時に行うことができます。
通常、簿記と言えば複式簿記を指します。


簿記を勉強すると会社の財産や損益の状態を読むことができます。
財産状態を示す貸借対照表、儲けを明らかにする損益計算書を読むことができるようになります。
つまり、各企業や自分の勤務している会社の状況を把握することができるのです。
どのような職種であってもお金の管理は重要です。
簿記を理解することは、あらゆる業種で必要な知識を得るということにつながります。

オススメサイト
パソコン講座
電検
転職
転職成功
スポンサーサイト
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。