スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の日記はどうか?楽しみ

"

オリックス、人気面でも“Aクラス”狙う 女性ファンの拡大アイデア続々 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000032-dal-base

 このオフ、12球団で最も「変化」に取り組んだのはオリックスではないか。昨季は2位へ急上昇。ソフトバンクに2厘差で優勝を逃した悔しさをバネに、優勝への執念はどこにも負けていない。中島裕之、小谷野栄一内野手をFAで獲得、球団史上最高の補強を重ねた。 戦力は12球団でもトップを狙えるところに来た。さらに今季は、人気面でも“Aクラス”を目指そうと必死になっている。 これまではお世辞にも、知名度が高いチームとはいえなかった。一般的な知名度では、昨季首位打者を取った糸井嘉男外野手やエース・金子千尋投手が全国区というくらいだろう。 2年連続最優秀中継ぎの佐藤達也投手にいたっては、「(地元の)新神戸駅でも、誰にも気付かれない。阪神の選手がファンに囲まれているところを横目に、僕は素通りしていました」と“地味さ”を逆アピールするほどだ。 しかし今季は、球団もファン拡大へ新たな手を打つ。西名社長は昨年末「最近は女性のファンが増えている。球場を大幅に改装、女子トイレをきれいにしてシートもよくする。メーカーと協力して女性ファン用のグッズも考えている。遅ればせながら、頑張っていきます」と決意を示した。まずは、日本の消費を動かしていると言われる女性をターゲットに、ファン拡大を目指す。 また、近鉄時代の2001年に「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打」で球史に名を刻んだ北川博敏氏を、2軍打撃コーチから事業本部企画事業部プロジェクトマネジャーへ配置転換。元人気選手の露出を増やすことで、老若男女の人気を集めようとしている。 今月、大阪消防出初め式に参加した安達了一内野手は「今オフは、テレビ出演のオファーがなかった。シーズンで優勝して、次のオフにはテレビ出演で引っ張りだこになりたい。ファンにキャーキャーと言われたい」と意欲を燃やしている。ファンあってのプロ野球。人気を背負ってプレーするのは、選手なら誰もが夢見ることだ。 今季のキャッチフレーズは「輝氣(かがやき)2015輝こう、一緒に。」と発表された。実力、人気ともに12球団で最も輝くチームを目指す。(デイリースポーツ・中野裕美子)



"

宇野昌磨らが出場!フィギュアのインターハイ開催 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150122-00000010-tkwalk-ent

1月22日(木)から、日本ガイシ スポーツプラザ ガイシアリーナ(愛知県名古屋市)にて、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のフィギュアスケート競技が実施される。3月の世界選手権に出場する宮原知子と本郷理華が出場を辞退したのは残念だが、その他の有力選手はほぼ全員が出場する。男子は成長著しい宇野昌磨が出場予定だ。【写真を見る】全日本選手権(2014年12月)での宇野昌磨の演技。ジャンプの上達ばかりに目が行くが、ポジションの美しさも進化しているまずは女子の展望から。本郷理華の欠場、そして永井優香が大会直前に棄権したことにより、加藤利緒菜に本命は絞られた。とはいえ、NHK杯でのフリー演技では会場を熱狂させたものの、続く全日本選手権では迫力に欠ける演技で点数を伸ばせなかった。ジャンプをこなすことに一生懸命になると表現が疎かになる欠点を、次世代のエース候補として克服したいところだ。中塩美悠と木原万莉子にも優勝のチャンスはある。特に中塩は、ジュニアグランプリファイナルを経験したことが自信につながったようで、全日本選手権でも好演技を披露した。一方、けがを乗り越えて復活した木原万莉子は表現力が持ち味。両者共に今大会でも観客を楽しませてくれるに違いない。フィギュアスケートが盛んな地元・愛知県出身の有力選手の活躍にも期待がかかる。全日本選手権で上位争いをした新田谷凜と松田悠良も出場。けがからの復活を期す佐藤未生の演技からも目が離せない。今季は全日本選手権に出場できず涙をのんだが、12月の愛知県TP大会でインターハイへの出場をつかみ取った。この試合に賭ける思いは、きっと人一倍強い。男子はなんといっても宇野昌磨の演技が見もの。四大陸選手権と世界ジュニア選手権への出場が決まっている宇野にとって、この試合は地元のファンに演技を披露する壮行会の場ともいえる。今季の躍進ぶりは目を見張るものがあり、ジュニアグランプリファイナルでは優勝を果たし、全日本選手権では羽生結弦に次ぐ2位と大健闘。最近の試合でも極めて安定している4回転ジャンプをここでも決めてくれるだろう。点数に関してもインターハイの新記録が出ることが濃厚だ。よって、男子の優勝争いに波乱は起きないと思われるが、有望株は多い。中でも、けがで今季のほとんどを棒に振った本田太一は、練習でかなり調子を取り戻しているとのこと。中村優、友野一希、唐川常人の演技も楽しみである。調子を落としている梶田健登も地力のある選手なのでチェックしておきたい。インターハイでは、個人成績だけでなく学校別の成績も同時に競う、というのも大きなポイントだ。高校野球や高校サッカーと同じく、母校の栄誉をかけた団体戦としての意味合いもあるのだ。今年は本郷理華の棄権もあり、女子の学校別の優勝争いは混戦模様になっている。あえて言えば、中京大中京高校と愛知みずほ大瑞穂高校が有力であろう。これだけ豪華なメンバーの演技が観られるのに入場料は無料!フィギュアスケートファンであれば、ぜひ会場に足を運んでもらいたい。パンフレット(数量限定)も1部1500円で販売される予定だ。【中村康一】

生サプリ「超濃縮」美肌sp
スポンサーサイト
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。