スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と日記

"

台湾で運気アップの神様めぐり グルメも満喫するワンデーツアーへ! http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150121-10007069-creaweb-life

 関羽が祀られているこちらは、商売、学業の神様として有名なお寺。商売繁盛=財運もアップということから、連日たくさんの地元の人たちが参拝に訪れます。こちらのお寺では線香を使うことが禁止されているのでご注意を。正殿に手を合わせるスタイルの参拝方法でOKです。行天宮所在地 台北市民權東路二段109號交通 MRT中和新蘆線行天宮駅から徒歩約3分電話番号 +886-02-2502-7924営業時間 4:00~22:30





"

食べ過ぎたなと思ったら“24時間断食”で細胞を大掃除 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150121-00198663-woman-life

 このコラムでは、アンチエイジング医学の第一人者である慶応大学の坪田一男教授が、アンチエイジングの最前線を分かりやすく解説します。【詳細画像または表】飢餓状態が細胞のオートファジーを活性化する 2015年、皆さんはどんなスタートを切りましたか? 新年会や歓迎会で、あるいはおせちやお餅の残りなどをつい食べ過ぎ、運動不足で太ってしまったという人も少なくないのでは。そんな人におすすめなのが、24時間断食で細胞の大掃除をすることです。 僕たちの体には、細胞のクオリティをコントロールするために、「オートファジー」という細胞のお掃除システムが備わっています。オートファジーとは「オート(=自分自身)」と「ファジー(=食べる)」を組み合わせた造語で、日本語では「自食作用」と呼ばれます。日々代謝を繰り返している僕たちの細胞には、古くなった部品や不要な物質がたまります。これを放っておくと細胞や遺伝子のクオリティを保つことができなくなり、病気や老化の原因になります。この不要なものを自分自身で食べて分解し、細胞の大掃除をするシステムがオートファジーです。 オートファジーは細胞内を丸ごと掃除するシステムなので、ばい菌やミトコンドリアなどの大きなものまで一掃できます。また、最近では「これはごみ、これはごみじゃない」と判別して選択的に片付けるシステムもあることがわかってきました。 こうしたお掃除システムを日頃から活性化することこそ、細胞の若さと健康を維持するポイントです。実際、アルツハイマー病も脳細胞にβアミロイドというタンパク質の一種が過剰にたまるのが原因と考えられていますし、心不全も心筋細胞のオートファジーがうまくいかなくなることと深く関係していることがわかってきました。 そして、このオートファジーのはたらきを最も低下させてしまうのが、食べ過ぎです。食べ過ぎた後になんとなく体の調子が悪く感じるのは、オートファジーがストップしてしまうからとも考えられます。 逆に、飢餓状態をつくってあげると、オートファジーが活性化します。約24時間断食をすると、オートファジーが活性化され、細胞内の不要なものが分解され始めるといわれています。24時間断食はアンチエイジングにおいてもプラスの方法として科学的に考えられています。また、カロリス(腹七分目の食事)や運動をすると体が飢餓状態と勘違いして長寿遺伝子のスイッチが入り、体のさまざまな防御システムが活性化しますが、オートファジーもその一つ。やはり日頃からおすすめしているカロリスや運動を実践することが大切ですが、つい食べ過ぎてしまった時などには、24時間断食で飢餓状態をつくるというのもよい方法です。

セレブメーカーズ.com
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。