スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わしの日記について

バロテッリがクリスティアーノ・ロナウドの雄叫びを真似た動画をアップ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150116-00010004-fballista-socc

 リバプール所属のFWマリオ・バロテッリが、バロンドール授賞式でクリスティアーノ・ロナウドが見せた雄叫びを“再現”した。 「Siiiiii!」と題された動画はバロテッリのインスタグラムにアップされている。自宅でサッカーゲームをプレーしていたようで、ロナウドのゴールセレブレーションが映し出された後に、バロテッリは自らにカメラを向け、雄叫びを上げている。 話題の尽きないバロテッリについて、リバプールのブレンダン・ロジャーズ監督は15日の会見で言及。バロテッリのかつての恩師ロベルト・マンチーニ監督の発言を引用し、「マンチーニは、彼と仕事をするなら2倍の給料が払われるべきだと言っていたね。私はこのことをオーナーに話そうと思ったよ」と冗談を飛ばしていることをアメリカ『ESPN』などが報じている。 今季からリバプールに加入するも結果を残せていないバロテッリには、この冬の移籍市場での放出の噂も挙がっている。このことについては「彼は1月にはどこにも行かないよ。我われはここで解決策を探す助けになりたいと思っている」とチーム残留を強調している。





"

IoTに関する意識調査、回答者の8割がプライバシーに懸念 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000095-it_eetimes-bus_all

 NXPセミコンダクターズは2015年1月16日、世論調査会社ハリス(Harris Poll)が実施したモノのインターネット(IoT)に関するアンケート調査結果を発表した。同調査は、コネクテッド・カーやスマートホーム、ウェアラブル機器など、IoT対応機器向けに製品を提供するNXPが、ハリスに委託して行ったもの。2014年12月2~4日に米国で、18歳以上の一般消費者2042人を対象にオンラインで実施された。 その結果、回答者の81%が、「IoT対応機器に投資(購入)するかどうかを決める際、プライバシーへの懸念が影響する」と回答したという。 一方で、こうした懸念があるにもかかわらず、69%の回答者が、「IoTは今後、生活をより便利にしてくれる」「既に便利にしてくれている」と考えていることも明らかになったという。 IoT技術のメリットについては、回答者の45%が「時間の節約が最も重要」と答えている。次いで、「金銭的な節約」(44%)、「物事の達成」(37%)、「ストレスの低減」(32%)、「エンターテインメント」(27%)、「社会的コミュニケーションの向上」(24%)、「教育の向上」(23%)となった。 IoT対応機器が生活をより便利にしてくれる/してくれている、と答えた回答者が、その具体例として挙げたのは、以下の通りだ。・(店舗で)直接購入できないものをオンラインで購入可能(回答者の36%)・現在起こっている出来事の最新情報を常に入手可能(35%)・身近な人たちの安全を確認できる安心感(33%)・外出中に、自宅の安全確認が可能(30%)・体験をリアルタイムで他者と共有可能(23%)コネクテッド・カーへの懸念 ただし、上記のようなメリットはあっても、多くの回答者がプライバシーへの懸念を示している。回答者の69%は、コネクテッド・カーを使用する際に、以下の項目についてプライバシーが守られるかどうかが心配だと考えている。・運転している場所(45%)・運転中に交わす会話(41%)・運転速度(33%)・交通違反の可能性(31%)・同乗者の身元(28%)・運転日時(23%)スマートホーム/スマートワークスペース また、回答者の82%が、スマートホーム/スマートワークスペースについても以下の項目についてプライバシーが侵害されないかを懸念している。・金銭的な情報の共有(60%)・個人的な生活活動に関する情報に他人がアクセスすること(例えば、就寝、起床、食事時刻)(54%)・自分がいつどこにいるか他人に分かること(47%)・他人との会話(43%)・一人でいるときの行動を他人に知られること(40%)・訪問者の身元が分かること(30%)・リラックスしている時間を知られること(24%)・その他:個人的信条(例えば、宗教、政治的信条)を知られること

引越し 見積もり 愛知
スポンサーサイト
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。