スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記って、どうなの?

"

昭和レトロな喫茶店がなぜ、続々復活中なのか?【1】 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150113-00014234-president-bus_all

 ドトールコーヒー、スターバックスコーヒーなどセルフ式カフェが席巻していた日本の喫茶業界に変化が起きた。「昭和型」の店が復権しているのだ。街の喫茶店事情を『日本カフェ興亡記』の著者、高井尚之氏が報告する。■喫茶店の流行15年周期説 都内を歩くと、現代的なカフェに並んで「コメダ珈琲店」「星乃珈琲店」「上島珈琲店」といった重厚な店が目立つようになった。高品質の豆を用いて一杯ずつ手で淹れ、味のバランスにこだわる「スペシャルティコーヒー」を出す店も増えた。この傾向をフードビジネスコンサルタントの永嶋万州彦氏(元ドトールコーヒー常務)は次のように説明する。 「戦後の日本の喫茶業界は10~15年周期で人気業態の潮流が変わってきました。今回も同じ。スターバックスに代表されるシアトル系カフェが主流となって約15年たち、昔ながらの喫茶店が復活しています」 一連の現象を筆者は“セルフカフェ疲れ”と呼ぶ。その理由は2つあり、消費者心理や活動場所とも関連する。一つは、コーヒー代は安いが、硬いイスや座席間の狭い店では落ち着けず、少し割高でも「店で過ごす居心地」を重視する人が増えたこと。 もう一つは、人口の多い団塊世代(1947~49年生まれ)が定年退職期に達し、活動拠点を都心から自宅に近い郊外に移したことだ。 国内で最も店舗の多い「ドトールコーヒーショップ」のようなセルフカフェは、細切れ時間を活用するには便利だ。でも、休日に利用するときや定年後の生活では落ち着いて使いたい。また、近年はモバイル機器を駆使して社外で仕事をする“ノマド族”も増えた。 冒頭に掲げた店を運営するのは業界の大手企業だ。上島珈琲店はUCCグループ、星乃珈琲店はドトールグループが手がける。この中で上島だけはセルフカフェだ。 永嶋氏はこう予測する。「今後はさらにフルサービス型の喫茶店が増えるでしょう。通販や専門店でコーヒー豆を買って飲む人が増え、コンビニの100円コーヒーが定着した現在、手狭で客単価が低いセルフ業態での経営は厳しくなる。上島珈琲店もフルサービスに業態を変えて客単価を上げるかもしれません」。 その兆しが現れているのだ。



"

〔玉本英子のシリア・コバニ現地報告〕 自由シリア軍の青年 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00010001-asiap-m_est

シリア北部の町、コバニでイスラム国と戦っているのはクルド組織、人民防衛隊(YPG)だけではない。イラクから派遣されたクルド兵ペシュメルガや、自由シリア軍、そしてわずかながらトルコの武装左翼がいる。[他の写真を見る] シリア北部の町コバニの21日夜の戦闘で、クルド組織、人民防衛隊(YPG)側がイスラム国側から押収した多数の武器。ロケット砲や、爆発物、機関銃など。薬物や注射器は恐怖心を抑えるために戦闘員が使用するという。自由シリア軍はYPGの敵だった。2年前、シリア北部のセレカニエ(アラブ名ラアス・アル・アイン)での衝突では双方あわせて数百人の死傷者が出た。このとき私は戦闘終結直後の現場に入ったが、地区のどの建物も銃弾で穴だらけになっていた。それが昨年9月、YPGは自由シリア軍との対イスラム国戦での「共闘」を表明した。自由シリア軍の戦闘員、アブゼル(仮名)は19歳。浅黒い顔がいかにもアラブ人という顔立ちで、まだ少年の面影を残していた。「自由シリア軍に入ったのはアサド政権を打倒しシリア人を解放するため」と話す。

引越し 見積もり 愛知
スポンサーサイト
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。