スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT関連の仕事や資格

資格を取得するのは仕事を得るためであることが多いですよね。
そこで現状の社会でどんな資格が仕事を得やすいのかを考えました。

今回はコンピューターやインターネット、いわゆるIT業種に集中して
どんな仕事なのか、またその業界ではどんな位置にあるのかなど調べました。

まず、WEBデザイナーはインターネットにおけるホームページデザインを行います。
企業紹介や商品紹介などホームページの見栄えやインパクトは非常に大切なので、
WEBデザイナーと言う職業が成立する様になりました。

次にシステムエンジニアは、企業と契約を結び、経理、総務、生産管理などの
情報システム設計と開発を行います。頭文字から「SE」と呼ばれる場合が多いです。

プログラマーとは一般にSEが設計したシステムを構築する為、
コンピュータ言語をプロミングする仕事です。

当然取引先の要望に沿わせる為、テストと修正を繰り返し行いますが、
構築日程がよく遅れ、深夜残業や徹夜が必要になる事もあるようです。

OAインストラクターはその名の通り、OA機器の機能説明、
操作方法指導などが主な業務になります。

以上、ざっと紹介しましたが最近ではより細分化の傾向にあり
まだまだ新しい職業や資格が生まれてきているようです。

岡田浩二の再チャレンジ転職法
松平勝男のドイツ語を76日でマスターする方法
中国語を30日で取得する 川原祥史の話せる中国語
スポンサーサイト
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。